化粧品OEMはニーズに合わせて生産請負が可能

男性

対応料で選ぶ

化粧品

コスメ市場でグローバルなビジネスを展開するのであれば、化粧品OEM生産の請負依頼をするといいでしょう。自社ブランドの製品もスピーディに持つことができますし、コンセプトを元にユーザーに合わせた製品開発が可能です。

もっと見る

メーカーに任せる

ミーティング

商品の企画や製造、成分テストを重ねて誕生する化粧品。どんなに有名なメーカーでも納得できる製品に仕上がるまで長い年月が費やされることになります。ある程度、ノウハウがあり、求めている製品づくりが実現できる環境にある場合は、難しくないかもしれません。しかし、一から作るとなると途方もない時間と労力が必要となるでしょう。それに、コツコツと積み上げれば成功するという保証があるわけではないですし、その間に市場も大きく変わっているかもしれません。ですから、ニーズに合わせて化粧品の製造をいち早くとりかかるなら、化粧品OEM請負という形で進めるのが一番なのです。

今や大手企業でも導入している化粧品OEM請負は、専門メーカーに製造をオーダーするもので、自社ブランドの製品化が叶います。これなら、一から製品づくりに必要な環境を整える必要がありませんし、専門メーカーだからノウハウもあるからラクでしょう。
また、大手企業が化粧品OEM請負を依頼するのは、一時的な生産ラインの確保を行なうために選ばれることもあります。一時的な増産が必要な場合、その為だけに工場を持つことは得策ではありません。ですから、必要な時に委託できる化粧品OEM請負が求められるのです。増産においては、製造する化粧品の種類や配合する材料などを指示し、無理のない納期とロット数を依頼すれば対応してくれます。これなら経費も人件費もムダになることはないので、化粧品の供給不足を簡単に解消することができるのです。

生産拠点として活用

メイク道具

化粧品OEM製造は、市場でニーズが高まった時の生産ライン確保で役立ちます。生産の調整を行ないながら、過剰供給や過剰に在庫を抱えるリスクを軽減することができるので、コスト削減に役立ちます。

もっと見る

適合調査が必要

美容品

化粧品輸入代行業者を通すことで、海外コスメの取り扱いが簡単になります。特に輸入の手続きや適合検査のサポートまで行なってもらうことができるので、リスクを背負うことなく海外コスメの仕入れができます。

もっと見る