オススメリンク

直葬という葬儀をご存知ですか?言葉の通り直接火葬場へ向かう葬儀ですが、小さな式なので故人とのお別れの時間はたくさん取ることが出来るんです。


立派な葬儀を西宮市で依頼するならこちらにご連絡を!;想愛セレモニー



さいたま市で葬儀を行なうなら|葬儀社DBA

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

供養

日本では、中国から最初に伝わってきた葬儀方法が仏教だった事と、その方式が土地に合っていた事ですっかり火葬が定着しています。
しかし、アメリカを見れば土葬している所もまだまだ多く、国によって供養の方法と言うのは違います。

日本でも、つい最近までは沖縄の離島で風葬が行われていました。
風葬とは、特殊な場所に遺体を安置する事で自然と白骨化させ、その後にお墓へ埋葬すると言う供養方法です。
今ではその風習を受け継ぐ人がいなくなった事とにより、日本で風葬を行っている人はいなくなりました。
外国へ行けばまだ風葬をしている土地は残っていますし、中には鳥葬という鳥に遺体を食べさせる事によって供養をする特殊な方法を行っている所もあります。

パプアニューギニアではかなり最近まで死んだ人を食べて自分の中で生かすというような供養を行っている所もありました。
しかし、病気の蔓延によって現在では行われていません。

家族葬や直葬のように葬儀に種類があるように、供養方法も国によっては様々な方法があるのです。

本能

人の死を弔うと言う行為は人間が本能的に行っている行為の1つです。
これは原始時代から行われていた行動の1つであり、昔は屈葬と言う形で体を折り曲げて洞窟内に安置すると言う埋葬方法となっていました。
そこからしばらくすると土葬すると言う価値観が生まれ、同時期に土葬した所へ石を置いて簡単なお墓を作ると言うような事も始まりました。

このあたりの時期に権力者が作ったお墓が古墳です。
当時、お墓や葬儀という物は権力者や特別な人しか行えない物となっていたのです。
今では家族葬や直葬と言うように段階に分かれて様々な葬儀方法が存在しています。
しかし、昔はこのように種類は無く、するかしないかの二択だったと言われています。

流れ

喪主なんてそう何度も経験する物ではありません。
実際に自分が葬儀をする事になれば、どのような流れで対応する事になるのか知らない人も多いです。
まず、病院で死亡が確認されればそのまま葬儀屋へ連絡し、医師には死亡診断書を書いて貰う事になります。
完了すれば葬儀屋と共に病院を去り、プランを決定して通夜の会場に運びます。

そこまで終われば喪主は市役所へ向かい、そこで死亡死んだ書を提出して火葬許可書を貰います。
この許可書が無ければ勝手に遺体を火葬する事は出来ません。また死亡してから24時間以内に火葬する事は認められていない為に時間を調整する必要があります。
しかし、一般的な葬儀を行う場合には、通夜をはさみますから時間の心配は必要ありません。
直葬や家族葬をする場合には少々時間を調整する必要があります。

火葬許可書を貰えば、次は銀行口座等の整理とお金の調達です。
基本的に、当事者が死亡すればその銀行口座は凍結されてしまいます。
更に、葬儀屋へ支払う金額は全て現金で10日以内と決定しています。
その為に、早急に300万円前後の現金が必要になってしまうと言う事になります。
口座が凍結されれば非常に面倒な事になるのは目に見えています。
ですから、忙しい上にややこしいのは分かっていますがここでちゃんと口座の整理を行っておかなければいけません。

また、葬儀屋は喪主に変わって棺やお寺との連絡をする為に、代理でお金を支払わなければいけない機会が増えます。
その為に、葬儀では前金が必要となる事が多いのです。
金銭の調達が完了すれば、ここでやっと親戚等への連絡に入る事になります。